« 在来種と外来種―「タンポポ」の見分け方 | トップページ | 縮れたような春告げ花「マンサク」 »

2010年2月 7日 (日)

「万葉の森公園」のタンポポは在来種

Manyotanpopo0  「万葉集」に詠われた植物を中心に植栽している「万葉の森公園」にあるタンポポなら、きっと在来種の「ニホンタンポポ」のはず。「ニホンタンポポ」であってほしいと願い、タンポポが咲いていると聞いたサクラの木のある日当たりの良い斜面に向かいました。

 あった!枯れ葉に交じり黄色の見慣れた花が、遠目にも早い春を感じさせます。足早に近づき葉の特徴を見ると、どうやら期待通りの様子。花を裏返すようにして総苞片を確認してみると、間違いありません。在来種の「ニホンタンポポ」です。何だか、ホッとしました。

Hakubai8_2  この公園で咲くタンポポのすべてが在来種であるかどうかは分かりませんが、少なくとも在来種が生育していることだけは確かです。頑張れJapan!

 青空を背景に白梅の写真も撮ってきました。

|

« 在来種と外来種―「タンポポ」の見分け方 | トップページ | 縮れたような春告げ花「マンサク」 »

万葉の森公園」カテゴリの記事

タンポポ観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。