« シイタケほだ木を持ち帰り「菌打ち体験」講座 | トップページ | 花茎を伸ばす「ニホンタンポポ」 »

2010年2月20日 (土)

万葉の森公園「曲水池」に向かうヒキガエル

Hikigaeru9  まだ寒い日が続いているというのに、冬眠から覚めたヒキガエルの雄が雌の背中に乗り、早くも交尾の態勢。「万葉の森公園」の曲水池にあと少しのところで一休みをしていました。

 ヒキガエル1匹の産卵数は2,000~20,000個と言われます。小さいオタマジャクシが孵化し、あまり大きくならないままで足が出て手が出て一斉に上陸します。

 1年生き延びる確率は約3%。ここまでにほとんどのヒキガエルが淘汰され、1年目から2年目までの生存率は50%とのこと。雄は2年目、雌は3年目から交尾可能。寿命は雄が11年、雌が8年ほど。

 そんなヒキガエルの産卵の季節がそこまで来ています。

 今日(2月20日)から3月21日まで、「万葉椿まつり」が開催されます。

|

« シイタケほだ木を持ち帰り「菌打ち体験」講座 | トップページ | 花茎を伸ばす「ニホンタンポポ」 »

万葉の森公園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。