« 真っ赤な落花―「本坂峠のツバキ原生林」 | トップページ | 私たちのバッテリーカーが「広報はままつ」北区版に登場 »

2010年3月 5日 (金)

「万葉の森公園」でカタクリの花開く

Katakuri  「万葉の森公園」のカタクリが開花。下向きに咲く、薄紫色の花が春の訪れを告げていました。

 もののふの 八十娘子(やそおとめ)らが 汲み乱(まが)ふ 寺井の上の 堅香子(かたかご)の花 (大伴家持「万葉集」巻19-4143)

 現代語に訳せば「おおぜいの若い娘たちがやってきて、入り乱れるようにして水を汲んでいるが、井戸の傍に咲く堅香子の花の美しいことよ」。「堅香子」が「カタクリ」のことだろうと言われています。

 「万葉集」に詠われているカタクリは、この1首だけ。ユリ科カタクリ属の多年草で、鱗茎からカタクリ粉が採れることでも知られています。

|

« 真っ赤な落花―「本坂峠のツバキ原生林」 | トップページ | 私たちのバッテリーカーが「広報はままつ」北区版に登場 »

万葉の森公園」カテゴリの記事

花と緑」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。