« 群生する春の雑草「ヒメオドリコソウ」 | トップページ | 「三ヶ日いきいき菜園」で利用者にアドバイス »

2010年3月15日 (月)

万葉時代には「波々(はは)」と呼ばれた「アミガサユリ」

Amigasayuri7   「万葉の森公園」の暖かな春の日差しを浴びて花を咲かせる、ユリ科バイモ属の「アミガサユリ」です。ユリとは言え茎高が低く下向きに花を開きますので、なかなか編笠(あみがさ)のような花の中を覗き込めません。

 万葉時代には「波々(はは)」とか「波々久利(ははきり)」と呼ばれたとにことで…

 時々の 花は咲けども 何すれぞ 母(はは)とふ花の 咲き出来(てこ)ずけむ (丈部真麻呂 巻20‐4323)

 写真を撮るときには、園路に寝そべるようにしてできる限りカメラの位置を低く構えないと、「アミガサユリ」らしく撮れません。頑張ってください!

|

« 群生する春の雑草「ヒメオドリコソウ」 | トップページ | 「三ヶ日いきいき菜園」で利用者にアドバイス »

万葉の森公園」カテゴリの記事

花と緑」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。