« 「万葉の森公園」でも「シロバナタンポポ」開花 | トップページ | イタリア料理にぴったりの「イタリアンパセリ」 »

2010年3月 2日 (火)

「万葉の森公園」で顔を出すフキノトウ

Fukinoto  「万葉椿まつり」が開かれている「万葉の森公園」で、フキノトウが顔を出しています。場所は、資料館隣りの「万葉亭」の入口付近。ご存知のように、これはフキの花の蕾(つぼみ)。この後、「薹(とう)立ち」して背を伸ばし、キク科の白い花を咲かせます。

 アイヌの民話に登場するコロボックルは「蕗(ふき)の葉の下の人」の意味だと言われています。もしかしたら、このフキノトウが「コロボックル」かも…?

|

« 「万葉の森公園」でも「シロバナタンポポ」開花 | トップページ | イタリア料理にぴったりの「イタリアンパセリ」 »

万葉の森公園」カテゴリの記事

花と緑」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。