« 参加受付中/「万葉椿まつり」を締めくくる体験講座 | トップページ | 純白の花がステキな「大島桜」 »

2010年3月18日 (木)

カタクリ見ごろ、ミヤマツツジも 浜北区/静岡新聞

Katakuri  浜松市浜北区平口の不動寺のミヤマツツジや、隣接する万葉の森公園のカタクリなどが見ごろを迎え、来園者らに春の訪れを知らせている。

 不動寺の境内には約30本のミヤマツツジがある。開花が早かった木は満開になりつつあり、小さく鮮やかなピンクの花びらが目を引いている。樹齢が100年を超える木もあり、4月中旬まで楽しめるという。4月4日には恒例の花まつりを控えている。

 万葉の森公園ではカタクリやオキナグサ、ミツマタなどが花を咲かせている。カタクリは日が当たると赤紫色の花が開く。「堅香古(かたかご)」として万葉集にも登場する。(「静岡新聞」Shizuoka Online.comより)

 3月18日付「静岡新聞」朝刊に掲載された「万葉の森公園」のカタクリとミヤマツツジの記事が、ネット版でも紹介されていました。

 ミツマタや翁草(オキナグサ)も咲いていますので、ぜひ、公園に足を運んでください!

|

« 参加受付中/「万葉椿まつり」を締めくくる体験講座 | トップページ | 純白の花がステキな「大島桜」 »

万葉の森公園」カテゴリの記事

花と緑」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。