緑化推進センター

2011年7月 8日 (金)

涼しく抜ける「みどり~な」の緑のトンネル

Center3  当協会で管理している施設の緑のカーテンの生育状況をお知らせします。

 市緑化推進センター「みどり~な」では、パッションフルーツを使った緑のトンネルを育成しています。トンネルの中から見るとこんな感じ。梅雨明けの空が青く覗いていました。

 「みどり~な」の新名所。緑のトンネルを涼しく抜けてください!

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

紅梅と白梅が見ごろ

 「緑化推進センター(みどり~な)」で、紅白の梅が見ごろを迎えています。

 「万葉集」の時代には「白梅」が好まれ、百首以上が詠まれています。平安時代になると「紅梅」がもてはやされ、「源氏物語」には「紅梅大納言」が登場しています。

 紅梅、白梅のそろい踏みを、ぜひお楽しみください!

Hakubai6 Koubai8

| | コメント (0)

早咲きのサクラ「寒桜」開花しました。

Kanzakura3  「緑化推進センター(みどり~な)」で、春の訪れを告げる早咲きのサクラ第一号、「寒桜」が開花しました。

 2011年も浜松市の公園を中心にした「桜開花情報」をお伝えしますので、お楽しみください!

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

「万葉の森」と「みどり~な」―公園の緑も自然100選に指定

Manyonomori7 「万葉の森公園」は、新・浜松の自然100選「万葉の森公園と不動寺のツツジ群」の指定地。そして、「みどり~な」も「緑化推進センターの見本園」として100選に指定されています。

 100選指定であることを知らせる標識を設置しました。

 とRyokkasuisinもに、人間の手によって造られた公園ですが、親しみやすい自然として市民の支持を集めました。

 今後も、公園の「小さな自然」を保全するために管理業務に当たって行きたいと思っています。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

「なんじゃもんじゃ」見ごろ 南区/静岡新聞

Nanjamonja  環境省のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されているヒトツバタゴの花が、浜松市南区大塚町の市緑化推進センターで見ごろを迎えた。

 別名「なんじゃもんじゃ」と呼ばれるモクセイ科の落葉高木。同センターによると、水戸黄門(光圀)が、神崎神社(千葉県)で「この木は何じゃ」と地元民に尋ねたところ、聞き取れず「なんじゃもんじゃ?」と聞き返したのが風変わりな名の由来という。同センター内には高さ5メートルほどの2本が植栽され、先月下旬から細長い純白の花を枝先に咲かせ始めた。今月中旬まで楽しめるという。(「静岡新聞」より)

 今年も「ヒトツバタゴ」の開花が新聞に取り上げられました。控えめな花ですが、ぜひ覚えておいてほしい花です。

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

新緑の季節を迎えた公園のメタセコイア

Meta5  公園で見かける背の高い木―「メタセコイア」も芽吹き始めました。

 写真は、「佐鳴湖公園」と「緑化推進センター」の風景。いずれも、スギ科の落葉樹「メタセコイア」の枝先が、少し緑色に変わって来ています。

 昭和14年(1939)に化石が発見され、その後、中国に現存していることを確認。「生きた化石」と呼ばれ、日本の小学校の校庭にも植えられました。生育が早く、1年で1メートルほど伸び、最終的には30~40メートルに達します。

Meta3  メタセコイアは、浜松市の中心部、アクト通りにも植えられています。秋には黄色く色づき、細い葉が落ちますが、その美しい樹姿は日本の公園の風景にも欠かせない樹木となっています。

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

新緑の季節―公園へ出かけよう!

Shinryoku1  いつまでも寒い日が続くと思っていたのですが、「緑化推進センター」はすっかり初夏の装いとなっていました。見てください。この緑色と青空との対比。1年で1番、自然が美しい季節を迎えています。

 こんな季節に、家の中に閉じこもっていてはモッタイナイ!連休には、せめて公園へ出かけましょう!

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

葉の上に小さな花が咲く「ハナイカダ」

Hanaikada  先日紹介した「万葉の森公園」の「花筏(ハナイカダ)」は水面に浮かんだサクラの花びら。こちらの「ハナイカダ」はミズキ科の落葉低木。葉の上に花が咲くのが特徴です。

 4月15日付「中日新聞」に紹介されたため、「ハナイカダはどこにあるのですか?」と問い合わせもいただきますが、あるのは管理棟の東入り口前。顔を近づけてご覧ください!

| | コメント (0)

「緑化推進センター」でカメラを構える人たち

Birdwatch  休日の「緑化推進センター」には、望遠レンズをつけたカメラが並んでいます。狙いは公園の野鳥。「何を撮るんですか?」と聞いてみました。

Hiyodori  「キビタキがいるんです。オオルリを撮った人もいるので…。ここは、渡りの中継地になっているらしく、夏の間、山間地で過ごす鳥たちが、今の季節はここで見られるんです」とのこと。なるほどね。キビタキやオオルリでしたら、私も春野町でたまたま撮影したことがあります。

 でも、私が狙って撮れるのは、これくらい…。スズメ目ヒヨドリ科の「ヒヨドリ」です。これだって、立派な野鳥ですよね?結構、近づいて撮ることができました。

 

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

「緑化推進センター」のフジが咲き始め

Centerfuji9  「緑化推進センター」のフジ棚のフジも、花が咲き始めています。向こうに見えるのは、サクラ。そして、手前がフジ。季節は、春から初夏へと移りつつあります。

| | コメント (0)